胃潰瘍はストレスが原因ではありません

胃潰瘍の症状は、空腹時にみぞおち付近が痛んだり、胃酸過多によるゲップや胸焼け、コールタール状の黒い便や貧血です。痛みには個人差があり、大きな潰瘍があっても、全く痛みの自覚がない人もいます。かつては、原因は暴飲暴食やストレスとされていました。現在では、ピロリ菌に感染することで胃の粘膜が弱くなり、胃酸により胃壁が傷つくことで、潰瘍ができることがわかっています。さらに喫煙やアルコールの大量摂取、ストレス、刺激の強い食べ物などにより悪化していきます。ピロリ菌の感染には、衛生状態が深く関わっています。現在50歳代以上の人たちが子供の頃、衛生状態がよくなかったので、約70%以上がピロリ菌に感染しているといわれています。

ロンドン 留学

ロサンゼルス 留学

買取 大阪

成人式 写真 札幌